レーザー脱毛で起こるリスクがある副作用

もはや無駄毛はカミソリや毛抜きで自己処理する時代ではありません。脱毛してツルツル美肌をキープする女性が増えています。中でもクリニックで受けられるレーザー脱毛は、脱毛効果が高いとして人気です。クリニックでの施術となるので安全性にも優れています。

ただ、そんなレーザー脱毛でも副作用のリスクはゼロではありません。レーザー脱毛で起こりうる副作用をチェックしてみましょう。

皮膚の赤みや痒み

レーザー脱毛で起こりやすい副作用として挙げられるのが「皮膚の赤み」です。レーザー脱毛は肌に照射したレーザーが瞬時に高熱に変わり、毛根組織を熱によるダメージで破壊することで脱毛の効果を発揮します。毛根部分の熱が皮膚にも伝わり、皮膚が赤くなってしまうのです。

炎症を起こしているような状態なので、赤みだけでなくヒリヒリとした痛みが出たり、痒みを感じたりすることもあります。症状が軽いものであれば、レーザー脱毛の正常な反応のようです。クリニックによっては赤みや傷み、痒みを抑える塗り薬を処方しています。

中には薬代が無料というクリニックもあるので、もし気になるのであれば、薬を出してくれるクリニックで施術を受けると良いでしょう。

レーザーの出力が高いと火傷を起こすことも・・

皮膚の赤み程度の副作用であれば、クリニックから処方された薬でケアしたり、保湿をするなどすれば自然と収まります。ただ、炎症が3日以上続いているという場合は、火傷の副作用を考えなければいけません。レーザーの照射出力が高すぎたり、施術を行うスタッフの技術が未熟、肌が乾燥している状態で施術を受けた場合、レーザーの反応によって火傷を負うこともあるようです。

レーザー脱毛の症例数が多いクリニックであれば、このような副作用はほぼ起こりません。ですが、このような副作用もあるという点は、レーザー脱毛を受ける上で覚えておいたほうが良いでしょう。

火傷の副作用のリスクを軽減するには、日焼けをした状態で施術を受けない・日頃から保湿ケアをしっかり行うことをおすすめします。レーザー脱毛は毛根部分にある、メラニンという黒い色素に反応して無駄毛を処理する脱毛法です。

日焼けした肌にもメラニンが含まれています。

日焼けしている状態で肌にレーザーを照射すると、毛根だけでなく肌の細胞にも含まれるメラニンにもレーザーが反応してしまい、その部分が高温となってしまうのです。そのため、レーザー脱毛を考えている人は普段から、紫外線対策をしっかり行い日焼けしないよう注意しましょう。参照元|全身脱毛 安い:1番得する脱毛入門

また、肌が乾燥しているとレーザーの影響を受けやすいと言われています。ボディローションやボディクリームで、施術部位の肌を保湿するケアも欠かせません。

毛嚢炎といった毛穴トラブル

VIOやワキなど汗腺の多い部位にレーザー脱毛を行った場合、毛嚢炎といった毛穴トラブルが起こるケースもあります。毛嚢炎はいわゆる「白ニキビ」です。レーザーを照射した際、毛包という部分がダメージを負ってしまった・ブドウ球菌に感染したことで起こる炎症によって、白っぽいニキビができてしまう副作用です。

軽度の毛嚢炎であれば、そのまま放置していても治ります。しかし、早く治したいならレーザー脱毛を受けたクリニックに相談して、薬を処方してもらうと良いでしょう。また、毛嚢炎は汗腺が多い部位にできやすいので、施術部位を清潔に保つというケアも予防に繋がります。

一時的に汗が増えることもある?

「レーザー脱毛を受けたら汗の量が増えた」、こんな噂を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。ワキやVIOなど汗腺の多い部位にレーザー脱毛を行った人の中で、稀に汗が増えたと感じる人がいるようです。実はレーザー脱毛と汗の量が増えることに、医学的な根拠はありません。

では、なぜレーザー脱毛後に汗の量が増えたと感じる人がいるのかというと、汗の流れやすさが変わったということが挙げられます。体毛には付着した汗を蒸発させるという機能があるそうです。レーザー脱毛を受けたことで、汗を蒸発させる機能のある体毛が無くなると、皮膚に汗が直接つくようになります。

これが、汗の量が増えたと感じる要因ではないかと考えられているようです。ただ、一時的ではありますがレーザーを照射したことで、汗腺が刺激され汗の量が増える人もいます。刺激された汗腺の活動は自然と収まっていくので、汗の量が増えたとしても特に治療する必要はありません。

もし、ワキなど汗じみが目立つ部位にレーザー脱毛を行い、発汗量が増えたと感じる場合は、制汗剤や吸収パッドなどのアイテムを使い、汗のケアを行うと良いでしょう。汗が増えると感じる人もいますが、特に気にする必要のない症状と言えます。

無駄毛が濃くなる!?硬毛化

レーザー脱毛を受ける上で特に注意しなければいけないのが「硬毛化」です。硬毛化とは脱毛前よりも脱毛後のほうが、無駄毛が太く硬くなる症状のことを言います。レーザーが反応しにくい部位に起こりやすい副作用です。

硬毛化が起こりやすいのは主に、背中・二の腕・顔といった部位です。なぜ、硬毛化が起こるのか、まだはっきりとした原因は分かっていません。一説によるとレーザーの熱量不足によって、毛細胞が活性化してしまうことで起こるのではと考えられています。

一般的にレーザー脱毛後、1ヶ月から3ヶ月程度過ぎたときに無駄毛が太くなっていると気づく人が多いようです。せっかく、脱毛を受けたのにかえって無駄毛が濃くなってしまったとなると、精神的ダメージも大きいでしょう。

ただ、レーザー脱毛の症例数が多く、さらに種類の異なる脱毛マシンを備えているクリニックであれば、硬毛化した部位の再脱毛も可能です。もし、脱毛を受けて無駄毛が濃くなってしまった…という場合は、硬毛化の脱毛を得意としているクリニックに相談してみましょう。

関連記事:気になるiラインのムダ毛!脱毛するならどんな方法がおすすめ?注意点は?

レーザーで皮膚がんを招く?

レーザーを肌に当てて無駄毛を処理するという脱毛法ということもあり、レーザー脱毛は肌への負担が大きいのではと不安に感じる人も少なくないようです。特に肌のトラブルでも命を失う危険性もある、皮膚がんのリスクがあるのか気になります。

皮膚がんを引き起こす要因の1つと言われているのは、紫外線によるダメージです。レーザー脱毛は赤外線という紫外線とは異なる波長の光なので、肌に照射したとしても皮膚がんを引き起こすことはありません。レーザーは皮膚の3ミリから4ミリ程度の深さにまで作用しないため、血管や神経を傷つけることもなく安心して受けられる脱毛法です。